結晶粒ナノ化技術が今までにない刃の切れ味を実現させる

新しい形の金属表面改質を創り出す会社

一般的に、耐摩耗性や切れ味を高める方法としては、熱処理による素材の高硬度化・超硬など硬い炭化物材料の使用、表面処理による浸透拡散強化やプレーティングなどがありますが、当社が提案する技術は、これらの既に強化・高硬度化されたものをさらに改質して強化するものです。 工具や刃物の性能・設計・仕上げなど、複合的な要素が関係します。このようにお客様に対してお互いが取り組み、解決することが(株)AMCの使命だと考えますので、選択肢の一つとしてご検討の上、お問い合わせをお待ちしております。

最新技術応用商品

WCコーティング技術 超硬改質技術
一般の超硬製品は、超硬チップを母材にバインダーを用いて接合し、最終的には表面処理で製品化されますが、(株)AMCでは超硬を拡散接合させ、さらにその組織を超微細化することで強靭化する技術を開発し提供しています。
(環境用刃物・各種ロール・特殊工具・Tダイ)クリック
炭化物・結晶粒微細化技術 炭化物・結晶粒微細化技術
熱処理によって硬化した高速度工具鋼(ハイス)では、耐摩耗性に寄与する炭化物の大きさは数ミクロン〜数十ミクロンですが、(株)AMCの表面改質により100ナノメーター以下にすることで強靭性や切れ味を改善します。
(レース用木工刃物・医療用刃物・調理用刃物)クリック
その他の技術 その他の技術
鋼を窒化加工することで耐摩耗性が向上しますが、その組織中に靭性を低下させるカモメマークが出ないようにする刃物材料や、鋭利な先端を持つ刃物材などを開発しています。
(包丁・極薄カッターなど)クリック

更新情報・お知らせ

2015/09/14
ホームページの一部を改正しましたUP
2015/07/01
ホームページリニューアル